忍者ブログ
犬病ぬこの報告
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


オッス ぬこです

WFへ来て頂いた皆様 感謝感謝です
残念ながら来られなかった方々、ドンマイ!


毎度「出す出す詐欺」が横行していた「WF限定 ぬこ面完成品」を今回はキッチリ出すことができました。

本気で売るならもっと事前に画像告知をアナウンスすべきですが、Twitterでようやく報告したのが前日の23:00頃という。。。とても高額商品を売ろうという姿勢ではないかもしれませんが、あまり煽って競争になっても酷な事ですし・・・現品一個きりしかないのですから。


今回 完成品面を「お持ち帰り」頂きましたお客様には本当に感謝です。
高価なものですが、この面の良さを判って頂けて嬉しい限りです。


我が事を持ち上げるようで恐縮なのですが、今回の「完成面」達
「只のカワイイ5式」ではナイのです。


耐久性の高い、外部塗装発注の「ウレタン塗装」肌(通常オーダー不可)

5式専用「樹脂目」使用 形状調整済み

視野加工・確保済み

内張りスポンジ・調整済み

結髪・前髪固め済み(メノコマキリ協力)

そして元々、精度の高い「ぬこパン製 FRP成形」


これらを全てオイラ自らトータルコーデを施した今回の完成品面
現物を手にとった方だけが知る、抜群の運用性



・・・マジ自信作です。
この子達をどこかでお見かけする機会がありましたら、どうぞ見てやってくださいませ。


WFに限らず、今後もちょこちょこと「完成品面」はリリースしていくつもりですので、 購入をお考えの方は・・・・・えーと、web告知か何かを待っていてくださいませ。
完成して「弾」が装填されたら、逐次報告させて頂きます。
(メールで購入希望を要望されても応じられませんので悪しからず)

 

■新型試作「男前 面」


ここでは多くは語るまい・・・
壁の向こうから、乙女達の黄色い歓喜の悲鳴がアガるアガるwww

「キグルミ面」の新たな可能性や価値感を、コレデモカという程に披露して参りました。

「そうあって欲しい」と願った結果ではありますが、いやはや愉快愉快



今回一緒にディーラー参加した「PEGU」先生のイケメンも最高だった。


 よくある古典ホラーで、「おどうざん、、、どうじで ボクを、創ったのォォォ」的な、「創造主が創造物にコロされる」的 展開てあるじゃないですか フランケンというかダークアトムというか。



これがですよ



自分の「好き」を込めて創った「物」に、
その全てを知るはずの「創造主」にも関わらず、
その「創造物」に求愛を迫られて黄色い悲鳴を上げて、
  『萌えコロされそうになる』・・・新しい!!



自分の作品を相手に、黄色い悲鳴が止まらないPIGU先生www



「これは・・・最高だ! それが セクシー・・・・ シャバダドゥ!」 
『創造主冥利に尽きる』という、非常に貴重な体験ができました
超・面白かったwwww

 

いやはや楽しいWFでありました。
皆様の御蔭で大変楽しい時を過ごさせて頂きました
次の夏WFも、どうぞご期待くださいませ 

これは・・・もう「B・B・project」を始動せざるを得ない!

 

ps:
「ユリ熊嵐」を読み解く為に、原作っぽい「熊嵐」てラノベ買ってみたけど全然違ってました。でも怪獣小説みたいでオモシレー(実話小説だけど)

 

 

 

 

 

 

 

 

PR
こんにちは 「犬」病ぬこ(猫)です。 兎年生まれ 好きな生き物はアオダイショウ(蛇)

そんな自分が唐突にケモ系イベント「ふるもっふ」参戦 驚いた?


実際は「唐突」というワケでもなく、いつもの突貫作業の連絡でロクに途中報告もできていなかったという体たらくなのではアリマスが



きっかけは今年5月のデザフェスでチラシを頂いき、よもや地元 蕨の隣町、川口での「ふるもっふ」開催を知ってからでした。

縁でお知り合いになった「ピグ」先生に『頭骨にファー張ってバリカンで刈るの!』とご教授頂き、幾度かの失敗作を経てようやく今回の「ぬこ面verうさ面」の完成に至りました。
いやー簡単ではなかったですよ、時間と失敗重ねればナントカなるものですね あと寝ない根性?


ピグてんてーの様に「ライオンボードの頭蓋骨」は作れないので、慣れたFRPによる頭骨造形でした。
手間はかかるけど確実に造形できて丈夫で良いです。


会場に持ち込めた3個が完成したのが当日朝なのはご愛嬌
我ながら密度の濃い2週間のラストスパートを無事乗り切りました

カッチリ定時のご身分とはいえサラリーマンと造形趣味の両立は結構大変さねー






■ふるもっふ参加

とにかく全てが白紙、「ケモは海外でも人気あるらしい」くらいの予備知識ない自分。常識もタブーもイベント会場に行けば学べると思い、手土産持ってでのサークル参加でした


圧倒的にオリジナルキャラが多かったり、若い層の活気やニコ生的な実況、運営さんの仕込みやテンション、参加者のクオリティ、全てがモエグルミ系イベントとは違った魅力に溢れていました


あまりの目新しい情報の多さに眩暈を覚えました
いやケモの可愛い事といったらモゥねッッッ

「耳を澄ませば」のネコ男爵みたいなスタイリッシュなケモはどうかなー?と、今回のリアル調仮面タイプの「うさ面」を投入して、皆様の反応を伺ってみたところ・・・なかなかの好感触!

今朝方完成したばかりなので、誰かが装着するのを見るのも自身初めてという状態でしたが我ながらドキリとする仕上がりでした。
後頭部のない、皮ひもで後ろをくくる構造ですが、その手軽さがまた良い塩梅
大慌ての参加だったので「販売POP」を用意し損ねていましたが、あの3つの「うさ面」は販売品でした。
もしご希望の方がおられましたら3週間程で仕上げてお届け致しますのでメール下さいませ
白黒灰ベージュ の4色毛と、お好みの「うさ樹脂目色」で製作致します。
価格は6万円(+送料1000円)


 
今手元に残っている「ミルフィーユ 」は、白とベージュのツートン毛色の茶色目です。
このパターンでのツートン仕様もオーダー可能
(今なら先着一名様に「ミルフィーユ」を即お届け可能です)
冬WFにも持っていくのでオタノシミニー(ΦωΦ)/~~~

  ★★★★★★注意★★★★★★

 届け出の無い公共の場でのキグルミ行為や
 パフォーマンスは絶対にしてはいけません

特に顔を覆う、匿名性の高いキグルミでは特に不審なものと思われがちで、見る人にとっては得体の知れない「恐怖」に感じられる事も多分にあります。その場合、警察による通報や補導の対象となるだけではなく、その現地の方々への迷惑や、キグルミコミュニティ全体の将来への深い遺恨になりかねません。

くれぐれも、一般公道や公共の場、更には賑わいのある、
注目されるような場所での自分勝手な行為は行わないでください。

キグルミは、活動が許可されている会場・イベントで、
更には「十分な配慮」を行った上で慎ましく行いましょう。

「あの時代はおおらかでよかった・・・」なんて過去話にならぬよう、
   現代を紡ぐ為に。

  ★★★★★★注意★★★★★★







秋葉原観光の振興会の方からのご要望で、10/12にツアーガイドのお手伝いをしてきました。
夢にまで見た「秋葉路上」で堂々とキグルミ闊歩ですよ!
小さなお子様から目を輝かせた海外のご老人まで、幅広くおもてなしさせて頂きました。
これらの画像をTwitterなどでお見かけした方もおられるかと思いますが、ちゃんと許可を頂いた活動なのでご安心を。







観光協会の方も、キグルミの持つ集客力や可能性に驚かれていました。
オタク文化のド中心で、名誉な仕事ができたのを誇りに思っております。

活動中にサポートの方に撮って頂いた画像は役得という事で(^^




上記★注意★にもあるように、同じことを無許可でやろうものなら即・万世警察へ補導モノです
駅前のストリートパフォーマーが連行されるのを幾度も見てきましたが、本当に「即」です
あの悲惨な事件のせいだけではなく、人種・観光のルツボとなった今の秋葉の警備は本当にデリケートなのです。

どうか皆様くれぐれも!






しかし まぁ アレですよ 
今回一緒にご当地ゆるキャラさん達と一緒に舞台に出たワケですが

「ゆるキャラ」も着ぐるみ、ウチら美少女系もキグルミ、

自分の表記では細やかな区別としてカタカナ表記による『キグルミ』で書いて来ましたが、そろそろ呼称をちゃんと区別したい

とすると、ええと、「萌えキャラ」のキグルミだから。。。。。

  「キャラぐるみ」(キグルミ のキ行 の語呂ヨシ)

  「もえぐるみ」(ぬいぐるみ に近い語呂ヨシ)

  「美女ぐるみ」(・・・・これはアカンやつや)


きっと何か、比類ないドンピシャな呼称があるはずなのだけれど、未だ決定打はナシ
当面は「もえぐるみ」を定着させるべく活動しようと思い立った次第です

馴染んでくれると良いのですが、この記事を読まれた方々も宜しければ
呼称に「萌えぐるみ」、イヤ『モエグルミ』を是非拡げてあげてくださいませ


 


 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・ああッッ 
みなさま WASSYOI! ぬこです。



8月も終わってしまいました
この夏は公私共に色々なイベント事を駆け抜けて、すっかり呆けてしまいます。
8/31開催のWASSYOI はお楽しみ頂けましたでしょうか?


運営をプレコスさんとマリエルさんにお任せしているので、私なぞ いち参加者として終始遊び倒しておりました。

色々な方と遊べて、胸いっぱいです 本当に楽しいイベントでした。
運営の皆様 本当にありがとうございました。



アンケートのご要望との事で、一次会 二次会 共にガッツリ長尺での開催でしたが
楽しい時間はあっという間とはまさにこの事、夢のような時間でした。




現場のアンケートで「手狭になったので、別の広い会場が良い人 挙手ーー」「次回ぎゅうぎゅうでもこの川崎会場が良い人 挙手ーー」で、意外と後者が多かったので、またあの会場になるのではないのでしょうか?


自分も俄然「後者」の方でした。



更衣室は手狭だったけれど、いやいや会場はまだプラレールを敷いて遊ぶくらいの余裕はあるさ、天候良ければ屋外でミニ四駆コースだってイケる
長尺だから、近所の川崎ヨドで買い込んで遊ぶ事だってできる


庭園に出て青空の空気を吸ったり、飲み食いしたり、素顔で歓談したり

元々川崎という街には縁多い自分ですが、あの川崎会場には特に思い出が詰まっています。

次回もこの会場が良い という方の中には、自分と同じ心持ちの方もいたのかな? 
そう考えると胸熱デス

遠路はるばるどころか、海外からの参加も多数あったという 今回のWASSYOI 本当に楽しかった 記憶力の薄い自分ですら、きっと色濃い記憶として長くメモリーされる事でしょう。


あのメシの豪華さ、、、きっと忘れない 
プレコスさんてば張り切り過ぎだって!!






いつもの事なのですが、この場で改めて明記させて頂きますと
私「ぬこ」は本当に記憶力がない!ヒトの顔と名前を覚えない!

だから! 
「・・・どなた?」と私にブッた斬られても どうか どうか許して!

あやめ商店のさささん曰く
「俺の顔と名前を覚えてもらうのに3年かかった」との事 いやマジで

会場でも智ッ佐工房さんが
「以前にもお会いしたじゃぁぁぁナイですか!」とショック受けてたwww

大丈夫、貴方だけじゃない 全て 等しく ・・・・・覚えてないから!
webもSNSもガチで微塵も観ていないから! 知識ゼロだから!!


ついでに自分の行ってきた善行蛮行悪行とかも全部忘却の彼方だから!
じゃあ一体どう生きているかって? それは

「手元にあるものだけを駆使して、瞬間を刹那的に生きる 悔いのないよう 恥じぬよう」



つくづく時間は有限だと思う 

記憶が、指間から抜け落ちる砂のようにさらさと原型を留めないのを想うと
尚の事「今」を満たさないとならない そんなバイタリティに溢れてくる 「今しかない」と

そんな「生き急ぎ」な自分が結構好きです


・・・・だからヒトの顔と名前を覚えない失礼な自分が形成されちゃうのでしょうか?
そしてそれこそが「ぬこパン」脅威の開発力なのでしょうか?


だとしたら、欠点・利点でプラマイ ゼロ という事で どうかご容赦を。
まぁ、あと20年は現役でキグルミ作ったり着たりするだけのセンスと体力は維持できるだろうけど、「エヴァなんてつい数年前に放送してたんじゃなかったっけ?」と18年が一瞬で過ぎ去るようなジジィの感性だもの

「刹那ー」とか言ってて、案外長生きしたりしてね  F・セイエイ みたいに




WASSYOでは遊び呆けて写真撮ってなかったので、マリエルさんから頂いた画像を ぺたり

そうそう、女性キグルミが少しづつ増えてて女性陣が喜んでいました
イノベーション、起きてるねーーー


では またお会いしましょう  Nuko

 

 

 


 



『暑くてて死ぬか! 臭くて死ぬか!
     好きな方を選ばせてやる ペルシア人よッッッ』


「・・・・ぺ?」


WF前日の土曜、ぬこパン工房に到着したメノコマキリ氏は、
玄関で唐突に投げかけられたその言葉に動揺を禁じ得なかったという。


乙ぬこです WFお疲れ様でした。先にお伝えしなければならない事がひとつ
この一ヶ月 私の中の私を支配していたのは洋画『300』のレオニダス王(CV:中田譲治)でした 
(吹き替え版なので「オレオニダス」でなくて「レオニダス」)


様々な娯楽を禁じていた自分に、たまたま視聴を許した映画『300』
勇猛果敢なスパルタ兵300人が、ペルシア1万の軍勢に戦いを挑む
「筋肉以外は全部CG」というキャッチの非常に男らしい作品だ


すっかりその世界に毒されて

「エアコンない灼熱の部屋か、Gボンド臭い立ち込める部屋か、
    どっちがいい?」

という言葉が上記のアレにアテレコされてしまうような生活を送っておりました。



WF会場とかで「いつになく ぬこ氏が変だ」と思われた方もいたでしょう。

俺の心を満たしていたのは、アニメでもなく フィギュアでもなく
この数週間、幾度も繰り返し再生したDVD 屈強なスパルタ人だったのです。
その狂気にも似た不屈のスパルタの魂のおかげで、今回のWFを乗り越える事ができました。


最近はキグルむでもなく、その日に備えての食事制限やトレーニングを恒常的に行う日々でしたが、いや鍛えておいてヨカッタ、強くなくてはスパルタ人とはいえない

そして鍛えておかなければ、スパルタ人にはなれなかっただろう。
「3日も寝てないぜー」を地で行く生活を耐えられたのは、スパルタの魂のおかげだ

その狂乱の日々の成果の一部をご覧あれ
(iPhoneで撮った一部だけですが)

  


そして新境地Dollと、前回冬WFでは雪で出撃できなかった「究極ミク」さん達
 

この艤装は 自称「設計の鬼」であるぬこの自信作
強度・バランス・装着具合・迫力・可動 設計どおり!

腰ベルトと背中の支え棒で簡単装備
分解して搬送もできるZe



感慨にふけるのは後だ
そのような感情はスパルタ人は持ちあわせていないのでな


それではみなさんごきげんようZZZ


  

 

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[07/16 BrokersTeamb]
[01/26 ZilliamJex]
[12/04 NONAME]
[08/01 NONAME]
[06/23 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by Addio.