忍者ブログ
犬病ぬこの報告
[15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


更新ご無沙汰ですいません ぬこです。
今回は事前の情報投下とか無く、いきなり事後報告ですね
・・・まー色々あったのですよ、今回の報告でそこの所を察していただければと。
 

今回の新作は「4.8式(ヨンパチしき)!」・・・だけでした、前回好評だった「4.2式」のリニューアル。

正直、いつもの開発ペースからしたら、少々物足りない感が否めません。
しかし実は今回水面下である画期的な計画が進んでいたのでした、それは『ボディ開発』!!だがしかし!それはドール開発どうこうというモノではなく、文字通り『身体の開発』自身の肉体改造でした。

 

『35才82kgメタボの挑戦!』

「ぬこ☆パン」が発足して・・・2006年の1月からだから、かれこれ5年ですね、遂に自分も3回目の干支年となってしまいました。
これだけ長くやっていながらも、出撃した事のあるキグルミは「本郷ちゃん(1式)」「らいおんセイバー(6式)」・・・なんとこの2体のみ!(昔「本郷ちゃんボディで黒セイバー頭」ってのもあったけどあれはノーカウント)

まぁ、WFでのコスプレ出撃以外にも「単身パリのDemoniaへ海外派兵」やら、密度の濃いぃ事こそやり遂げてはいるものの、出撃回数は圧倒的に少ないです。
(パリでの暴走はmixyをご参照あれ)

自分の体型は、あまりキグルミ向きではありませんでした。身長172cmに対して体重82kg中肉中背(ちょい筋肉質) まぁ普通に秋葉に生息するような典型的なヲタ体型って所です。

ただキグルミを志す人には自分のような体型の方も多いかとおもいます。だからこそ、「自分自身が『上手く体格を誤魔化せるようなアイテム』としてのキグルミ」の研究開発を進めれば、同じような体格の方々の「希望の光」になれるんじゃないかと、「俺にヨシ!君にヨシ!」な活動を心懸けていました。
1式・3式・6式とかはその例で、ちょっと首が太くても違和感ないくらいの「大きめの頭部」で「横幅はタテに逃がす」というコンセプトでした。


「2式(後の5式に派生)シリーズ」は、メンバーのメノコマキリ氏の体型に照準を合わせて開発しました。客観的な視点からの観察や造型の感想は大変充実したもので、数々の傑作機を生み出す事になりました。

彼のように身体を絞っている「正攻法」のキグルミコスは大変羨ましいものでした。「タテで逃がす」「イロモノで誤魔化す」という『邪道』ではなく、「フツーに可愛い」という、男性の壁を越えた、偉業・・・


今まで、そういった「トップアスリートの如き偉業」は身体能力の差だと諦めていました、だからこその「どうやって誤魔化すか」のギミックに凝り「苦労せず可愛いさを手に入れる」方法を研究していました。「らいおんセイバー」はそのひとつの成果で「キグルミがモコモコを着ぐるむ」という、容赦無しに「可愛い」ものでした。(但し身長190cm!)


WFは毎回命賭け、そして走りきった後に「次はどんなバカをやろうか」なんて悪巧みをするのが至高の愉しみだったりします。
何年も寝かせてきた企画を起こすもヨシ、世の流行に乗っかって迅速に動くもヨシ、突発の思い付きで突っ走ってもヨシ・・・・で、何を思ったのか「ラブプラスのコスを俺自らがやる!」と決意してしまったのです。

 

時は2010年6月だったか、新作の「4.2式」の開発に燃えていた頃でした。

「ラブプラスっぽい顔も作ってみたいなぁ」「したら巨大なDSのハリボテ担いでウケ狙ったり」「やるならやっぱネネさんだよなぁ グフフ」・・・なんてバカな事を妄想したり。


ぶっちゃけ自分自身には「女装への強烈な憧れ」は薄いです。
ですがこういった一見無理そうな挑戦には自己破壊的に傾倒する節があります。 
 

そして俺は「いい年したオッサンがどこまでできるか」に挑戦したくなったのでしたッッ!!

会社帰りに市民温水プールがあったのを幸いに9月頃から週3で通い、泳ぎまくりました。長い停滞期を超えての「肉体改造」は皮下の贅肉を筋繊維に置換していきました。
「俺が!俺達が姉ヶ崎檸々だぁ!!」と意味不明な事を吠えつつ、4ヶ月後の12月には82kg→72kgにまでダイエットに成功。しかも、脂身は筋繊維より質量が軽いので体脂肪自体は10kg以上落ちているハズ もう脚の筋肉カッチカチ。
 

辛い時も『巨大DS+ネネさん』を思えば頑張れた。くだらない事は熱くなれる!
・・・普通のダイエット目的ではとてもここまではできなかっただろう。 手に入れた肉体は想像以上に軽やかなものでした。

 

「イケる!」と判断し、11月頃より新作面製作に着手、他にもボディ補正用のインナーや肌着の研究や購入も始めた。
もちろんトレーニングの間も、ラブプラスのプレイによるモーションの勉強や、より女性らしい仕草や姿勢の研究も怠らなかった。

 


そして運命の1月末、詰めの作業は残すものの、駒は揃った。

・身体    :できた
・面     :できた
・肌タイツ  :LLサイズ作った
・制服    :冬服4Lのジャストサイズ見つけた
・体型補正  :改造コルセットで肋骨を締め上げた
・靴     :通販でヒールの高い26cm買った
・巨大DS  :「3DS」で概ね完成


・・・・世の中大切なものに「バランス」がある。
一つ一つが高性能でも、マッチしていなければマイナスにだって作用する。このマッチングばかりは出たトコ勝負のガラガラポンだ。いきなり本番という事だってある。だがこのガラポンこそが、今までの積み重ねと勝負強さだと自分は信じている。


WF一週間前、身内メンバーによる「試着調整」という名の初お披露目
今回俺の「俺が姉ヶ崎寧々だ!計画」に尽力してくれた「ぬこパン」メンバーの方々も、さぞ不安だったに違いない。「あの体型が、半年でそうそう化けられるはずがない」、と

しかし自分には勝機があった。
 チョイスした衣装が「冬服・黒タイツ」という事
 コルセットの肋骨補正 
 そして、「モーションの研究」

 実は最も重要なのは「体重・体格」ではなく「姿勢・仕草」といったモーションであり、その最大の邪魔者こそが脂肪なのだと!
 これこそが、この数ヶ月に渡る研究の答えと、成果だ。 

 

・・・とりあえず「お披露目」では大勝利でした。
メンバーからはモゥ大変嬉しい事に「普通に可愛い!」というお褒めを頂きました。
・・・色眼鏡なしの「普通」、ああ「普通」のなんと素晴らしい事か。


人一倍カワイイものには厳しい自分自身がつぶやいた言葉が
 『ああ・・・・・、鏡の中にねねぴーがおるー』
遂に、自分を超えました。


  つ づ く !

次回、今回の顛末や私の装飾品レシピを報告したいと思います。
これから始める人の参考になれば幸いかと。

35超えたメタボ野郎でも可能性はあるぞ!



プチグロ注意?



左は8月のもの 右はWF終了時の2月
8月の頃だって、それなりに水泳で体重は落ちてたハズなのですが、油断したアングルだとこんな様だったんですねー 恐らく78kgくらい お見苦しくて申し訳ない

2月、 正月や新年会で油断はしたものの、WF直前には70.6kgをマーク!
WF時にはまだ少しプニ感あったのですが、激戦の末かゴソッとどっかいっちゃいました
でも体重計の数値は変わっていないんですよ、ホント数字ってアテにならないや

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
不可能を可能にするかは自分次第
どうもうぐぅです。
なんですかその肉体は・・・
最初の写真とは全く別人な件!!

なっ・・・な(良)いわ~・・・。

妄想を現実にするのは自分次第という証明ですね。本気で!!!
うぐぅなやつら 2011/02/17(Thu)20:42:02 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[07/16 BrokersTeamb]
[01/26 ZilliamJex]
[12/04 NONAME]
[08/01 NONAME]
[06/23 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by Addio.