忍者ブログ
犬病ぬこの報告
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんなー
誤差はあるし、曲面ある立体物だから参考程度に


PR



■面の参考数値(誤差±5mm)
     こめかみ間/ 上下間 / 全幅
5a型  165mm  250mm  190mm
P型   150mm  270mm  190mm
46式  160mm  210mm  160mm
Ra顔  150mm  200mm  160mm
Ra頭         250mm  200mm
6式   170mm  300mm  240mm
○画像の補足
幅3cmの定規を直角に貼ってあてがった
直角に見えないのはカメラのアングルによるもの
「こめかみ間」は目の高さの横幅
「上下間」は「おでこ」だったり「頭頂」だったりするので参考までに
「全幅」も個々で色々違うので参考程度で
おでこの丸み(R)は個々で違う
ウィグ貼る際は下地にスポンジを張って最適なボリュームを出します
「5a」に対して「5m」は上下間が15mm程短く顎ラインがシャープ
丸みある「5a」の方が肩幅や首の太さに広くフィットする
P型にはスライド式のプラヘルを加工取り付けしたものを使用(数値に関係なし)



まー何と言いますか
数値だけじゃなんともワカラン部分だし、数値を頼ってもダメかも
一種でも手元にあれば、その比較にはなるかな?

被る角度や、造形形状によってもフィット感や装着者とのバランスは変わるのでやっぱ現物をあてがうしか

貸し出しは厄介だけど、振込手数料と往復送料を負担頂ければ、
「白色版」を一旦買ってまた払い戻す事での「試着対応」はできるかな?
(発送の手間考えるとできるだけご容赦ですが。。。)

イベントの機会には是非ご試着を!











 

ざざざー っと造形云々の紹介を


■夜なべして作ったガトリング砲

実物のミニガンM136は意外とコンパクトだったので2倍採寸で作った
似た直径の塩ビ管をズバズバ切って嗣いで、アングル材をボルトでホールド
PS2のジョイスティックをバラしてビス止め、結束バンドでナーフの弾帯をくくる

あとは黒サフ吹いて、頑丈なミニガン一丁あがり!
コスプレ会場でも好評でした 
これでいつでも「バルカンレイヴン」ができるぞ!→即クレイモア爆死






  【感想】
 意外と高く付いた(一万円)、意外と重かった、
 死角の多いキグルミで長物は危ない (´・ω・`)ショボーン

 

  10/20までにはフキダシも用意せねば

 

 

■ミク改良

夏WFの時に意外と黒目がちなのと肌の色が気になったので
樹脂目を小さくして、肌をもっと色白にしてみた
(髪の色の違いは蛍光灯による誤差)

左:前回WF  右:今回



 

樹脂目マジック!
「追い目効果」でどの方向からでも視線が!


 

あとついでに「ほっぺのワンポイント」を紹介
白シールの余白を彫刻刀で小さく切り抜き、紅潮に貼る。
アニメっぽい!お手軽なのでリップや目の星にも使えます

 

 

 

 


■5式面の改造


マキリンの方でTwitter公開している例の作品です
今回は「穴を小さくする」改造


セメダイン社のエポキシパテ金属用 を愛用してます 
頑丈で硬化が早いので



目穴を板で裏打ちして、大体の目穴位置のアタリを描き込んだら、
多めにむにむにむに~ と金属パテ盛って、硬化後に100番紙ヤスリで豪快に整面する
 「たっぷり→豪快に」がポイントよ!(・ω<)

200番、300番 と整え、サフとポリパテでキズ消して完了




「穴を拡張する」改造はこんな感じでした
口角とか端の方は金属パテ盛って形状を直したっけ




5式は改造の汎用性が高いので、是非小改造に挑戦してください
自前改造後の肌塗装のご依頼も受け付けますよ

【注意】:5sは絶版品なので悪しからず
      唇の造形がアカンのよ・・・    







 

すぐにBlogのログイン方法を忘れてしまう

更新できるかテスト テストー


「樹脂目」を扱い出した事で、キグルミ製作に幅ができました
久しく活躍させていなかった 42式みたいなドール系な造形や、
恐竜・怪獣なクリーチャーとかも挑戦できる!!!



今は容量の都合上、一部しかUPされていないけれど、
「ぬこパンBlog」内の「目データ」データベースも充実させた折には、
希望のデータを樹脂封入加工サービスとかも始めたいです。

もちろん持ち込みデータも対応予定

なまじっか種類が多すぎて、全種ストックとか作ってたら大変な事に
なるので、その都度セミオーダーで生産した方が断然アリ




型も樹脂も自前で用意できるから、某社のドールアイ的な展開だって可能かも?
高価な真空脱泡を買ってから長い事埃被ってたけど、ようやく活用できそうです

プロのクリーチャー造形の方は、白目部分に毛糸とか混ぜて毛細血管を再現するんだって
アイデアだよねー

130808karabari.jpg



 

まだセミは鳴かないが、7月開始 夏が始まった!


だが考えてみよう、3ヶ月後を
なんてこった、10月上旬で、秋公開のまど☆マギとか始まっちゃうじゃねぇか!!

ある種の製作者は、今頃から年末のネタをあれこれ仕込んでいるとか
セミも鳴く前から大晦日のネタ作りなんて。。。


まぁそんな未来の事よりも、今月末のWFが急務なんだけどね
あと3週間チョイ・・・ まだ手付かずの案件がアレもコレも

 

大がつくほど海好きの自分が、絶好のシーズンをグッと堪えて部屋に篭る日々
しょうがない WFなんだから。


7/28開催 幕張メッセ 「ワンダーフェスティバル」
 サークル名「ぬこ☆パン」 を宜しくお願いします。
  新作持って行くよー 完成品面の物販もあるよ

 




 

 

折角だから画像をペタリ

col01.jpg







col02.jpg









3年前? 寧々さんやってた時に仕込んでたコルセットの仕様前・使用後

以前は「デブ矯正腹巻き」だと思ってましたが、実は違いました。
確かに脂肪を寄せる効果もあるけれど、それでは効果は半減


これは「肋骨矯正拘束具」で、本来の肋骨の形状を変える為にあるものだと知りました。
肋骨の断面は横広の楕円をしており、みぞおちの所で「ハ」の字状になっています。
これをコルセットで締め上げると、楕円は真円に近くなり、「ハ」の字はより鋭角になります。


肋骨部分の外周は、施工前で15~20cmは絞れたような?


ご覧のとおりの私の体型では、脇が詰まって腕が真下より内側には入りません。
これがコルセットで絞ると、ヒジが脇の所にスカスカになって、面白いように華奢なポーズがとれるようになるのです。

この時に脂肪が多いと、そのクリアランスは極端に狭くなります。
骨を矯正するには、脂肪は邪魔なのです。

 

圧迫感から来る、後々の疲労とか半端ないけれど、
細くなった自分の身体というのは本当に面白いです。
仕草の表現が劇的に変わります!


画像のコルセットは中国製の安物を、紐を交換して強化したものです。
ネットで2000円だったかな?

品や価格もまちまちで、当たり外れもあるけれど、
「コルセット」 お勧めです!!

 


 ちなみに、着衣の順は


肌着・コルセット・ガードル・肌タイツ・下着(パッド等)・衣装 です。
 必要なら更にニーソや鎧をトッピング

夏の炎天下にモノスゴイ厚着・・・・だがっそれがイイ!

 

 

 


 

 
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[01/26 ZilliamJex]
[12/04 NONAME]
[08/01 なかな]
[06/23 NONAME]
[04/26 エルビン]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by Addio.